読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆる育児日記

布おむつの魅力に日々はまりつつ、田舎で適当子育て。日々の記録。

懐かしい場所

「絵の展示があるから、行こう」

そう言われて、なんとなくついて行った場所は、子どもの頃よく行っていた映画館(文化センター)だった。

絵の展示よりも、懐かしい場所に行くことに、ちょっとわくわくした。

 

何もなければ通らない場所、というわけではない。

映画館周辺の建物も、ずいぶん変わっていたし、もうその風景に、馴染んでいた。

全てがガラッと変わったわけじゃない、古い建物と新しい建物が、うまい具合に共存している。

私の地元の、好きな場所のひとつでもあった。

 

文化センターの中に入って、その雰囲気や匂いに包まれて、一瞬、あの頃の自分に戻ったような、不思議な感覚におちいった。

地元の文化センターで映画を見ていたのは、小学生の頃だった。

(中学生になると、大きな映画館に行くようになる)

 

ここに、誰とよく来ていたんだっけ?

 

その記憶はぼんやりとしていて、ハッキリと思い出せなかった。

中学生の頃の友達や、高校生の頃の友達のことは、今でもよく覚えている。

小学生の頃の、友達関係の多さに驚かされる。

家が近所だとか、親が仲良しだとか、兄弟の友達だとか、男も女も関係なく、もう誰とでも遊んでいた。

 

だから、誰と来たのかは、なんとなく想像はつく。

でも、誰とでも来ていたわけではない気がする。

 

見ていた映画は、ウルトラマンとか、ゴジラとか、ドラえもんとか、ちびまる子ちゃん

あの頃は、映画の途中で、飽きて帰ったりもした。

お母さんともよく行った。

お母さんは、いつも隣で寝ていた気がするけど、今なら、わかる気がする。

 

高校生になってからは、小学生の頃の友達と、全く会わない。

だから、小学生の頃の思い出話を、することがない。

そう思うと、今になって突然、会いたくなったりする。

忘れかけていた過去の思い出を、もうずいぶん開けていなかった引き出しから、取り出したくなっている自分がいた。

 

この道を、私は、子どもと歩くだろうか。

この場所に、私は、子どもと来るだろうか。

 

今、私の生活している場所はここじゃないから、来ないかもしれない。

もう来ないかもしれない、そう思った。

涙が出た。

 

子どもを生んで、4ヶ月、いろいろなことに気づかされる。

人生の、折り返し地点に立っているような、そんな気がした。