読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆる育児日記

布おむつの魅力に日々はまりつつ、田舎で適当子育て。日々の記録。

思い出の道

産後4ヶ月、高速1時間弱の距離、やっと実家に帰れた。

私の運転は心配らしく、送り迎えしてもらうから、自由に使える車はない。

2週間の滞在。

家族は当然仕事に行くから、ものすごくひま( ´•ω•` )

歩いてうろついてみた。

懐かしい小学校の通学路、たぶん、中学生の時以来通ってない。

小学生には広く感じた狭い通路、周りには新しい家が所狭しと立ち並ぶ。

ザリガニをつかまえた場所も、桃の木があった場所も、もうない。

当時の思い出が残っているのは、今にも崩れ落ちそうな借家。

(あの頃そこに住んでいた人がまだいるらしい。)

狭い通路の左に借家、右に見上げるように新しい団地が建ち並んでいる。

この借家もいずれなくなり、新しい家が建つんだろうな、と思った。

狭い通路を抜けたら、当時一緒に遊んだ友達の家がある。

変わってない。

 

 台所から音が聞こえて来た。

 「こんにちは、お久しぶりです。」

あの頃の感じで訪ねてみる。

(小学生の頃は「しょーうちゃん、あーそーぼっ」だったな)

おじさんが出てきた。

見たら突然思い出して懐かしくなる。

(おじさん、変わってない⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝)

10年以上会ってないから旧姓を名乗ってみると、すぐに思い出してくれた。

おばさん登場。

さらに、懐かしい。

(おばさんも、変わってない( ˶ˆ꒳ˆ˵ ))

 

「おじゃまします。」

上がらせてもらう。

(部屋の中も変わってない。テレビがでかくなったくらいかな( ˙◊˙ ))

同級生情報をたくさん聞いて懐かしくなった。

意外なのは、みんなわりと結婚してなかったこと。

(しょうちゃんは結婚している。)

 

結婚してない時は、取り残された(みんな結婚してるんだろうな)感があったけど、してみるとそうでもなかった。

 

すべてが懐かしかった。

変わったこともあるけど、変わってないこともある。

当たり前のことに感動する。

( ˶˙࿁˙˵ )ᐝ

 

子どもの頃限定の思い出って、いいなあと思った。

あやふやな記憶や鮮明な記憶、何を正しく記憶しているか分からないのもまたいい。

 

20年経っても変わらないもの、ぼんやりとしっかりと残る思い出の場所を、自分の子どもにもさりげなく与えてあげたいと思った。